2010年12月08日

中国からやってきた!



うちのお父ちゃんが、

中国との貿易会社にいた頃に知り合った

広東省の元同僚ちゃんが

どっさり中国のうまいもんを届けてくれました。


まずは、お願い送って頂戴!!

とお願いしていた日本で入手困難なラオガンマー3種

2010.中国からラオガンマ1.JPG


左から牛肉と豆鼓(トウチ)味

   これは日本でも買える元祖ラオガンマー

   それから、豚肉とトウチ

  
  で、早速1瓶目にいただいているのが

  豚肉&トウチ

 トウチなんですけどね、

 元々大豆ですから、

 なんちゅうかね、納豆のようなコクもあり、

 ただ、辛いだけでなく深みのある辛さがあります。

 そして、恐ろしいほど、


     ご飯がすすんでしまいます。


それから、これも珍しい中国のお菓子

2010.中国からの贈り物 お菓子.JPG


見慣れたお菓子がありますよね〜

決してパクリじゃございませんよ。

れっきとした正真正銘100%グリコの中国版でございます。

なので、味もほぼ同じ。

『百奇』 は 『バイキ』って読むのかな。

ポッキーに近い音を当てているんですね。



うちの子どもたちに人気だったのが、

写真上のカラフルなフルーツゼリーでした。

私にとってはなんか懐かしい味でしたね。

それから、写真右上の『杏仁餅』。

これ、乾燥させたスライスアーモンドを挟み込んだ

広東省ゆかりのお菓子のようで、

大人のお茶うけといった感じです。

その歴史、1918年誕生ということですから、

お父ちゃんの好きな『詠春拳』の葉問氏も
お茶をしながら召し上がっていたのでは?




なんて考えながら頂いておりますと、
一瞬脳内タイムトラベリングをしてしまいそうです。


元同僚ちゃん、私よりもうんと年下なんですね。

なので、私のことを姉さんと呼んでくれます。

うれしいですね〜。

小さな子どもさんがいるんですが、

自宅兼事務所で仕事をして、

そして時々出張に出かける妹ちゃん。

本当に頑張ってます。

まだ会ったことないけど、

いつか必ず会いたいな。
posted by ニクQ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ食材・調味料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。