2009年08月06日

手作りウィンナー

画像 137.jpg


自宅で簡単にウィンナーが作れてしまいました!


     画像 134.jpg


   市販ウィンナーの裏面を見たことはありますか?


  ま、ざっとこんな感じですね・・・

   原材料:肉、豚脂肪、水あめ、食塩、香辛料、ポークエキス

   添加物:調味料(アミノ酸)、リン酸塩(Na)、pH調整剤、
       酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)


 確かに、添加物は、流通上、食品衛生上必要なもの

              ではあるとは思いますが、

 だけど、出来るだけ身体には取り込みたくないものですね。

   特に、子どもに食べさせるものなんていうのはね。


 自宅で作る限り、

      これら一切の添加物は一切必要ありません!

 しかも、出来立てのウィンナーは

       ため息が出るほど美味しいのです!




   ではでは、

          始めましょう!



    ウィンナーを作るためには道具が必要となります。


    

今回使ったのは、この絞り袋と絞り口。


それから、コラーゲン・ケーシングという

    
         人工羊腸(可食性)

        


この3点はプロフーズで揃えました。


画像 121.jpg



やっぱり、天然の羊腸を使いたかったんですけど、
プロフーズでは取り扱っていないということでした。


なのでネットで調べると、
こんなセットも

     


本当は、絞袋じゃなくて↑のセットが欲しかったんですけどね、
プロフーズには置いていなかった・・・・。


    〜ではでは、材料と作り方をご紹介します〜


≪材料≫  ウィンナー20〜25本分


豚挽き肉 500g

豚の背脂(挽いたもの)100g

砂糖 大さじ1

塩 小さじ1

氷水 100cc

コラーゲンケーシング(ウィンナー用)
または、生の羊腸 約3m

※今回はコラーゲンケーシング


*香辛料*

好みで加減してください。

※分量はすべて小さじです


白こしょう 1/2

ガーリック 1/2

カルダンモ 1/2

スモークソルト 1と1/2

ジンジャー1/2

セイジ 1/2

ナツメグ 1/2


この日は、花壇のミントを少し刻んで入れてみました。



≪作り方≫

@ 肉と香辛料を全てボールに入れ、
  氷水を少しずつ加えながら、

  温度が上がらないように
  
  10分位よくかき混ぜる。

  肉がペースト状になり白みと粘りが出てきたらOK!

       画像 123.jpg


A ケーシングをノズルの長さに切ってノズルに差し込む。

   画像 127.jpg

※生の腸は15分位水につけて塩抜きをし、ノズルの先にジャバラ状にたぐしこむ。


B 腸詰をします。

  画像 129.jpg

ケーシングに少し余裕を持たせて腸詰を終了します。

腸詰が終わったら半分に折って、2〜3回ねじり折り並べ、
折れたところから、好きな長さのところで2本とも
同じ位置で2.3回ねじります。

次にねじったところを重ねて、
1本だけ輪をくぐらせて編み上げていきます。

画像 133.jpg

編み終わったら、端を余らせた部分で結んでしまいます。
タコ糸で縛ってしまってもOKです。


     生ウィンナーの出来上がりです!

     画像 134.jpg


Cボイルする・・・70℃のお湯で30〜40分。

※つい沸騰させてしまうと、パンッ!と何個か破裂させてしまいました。ご注意ください。


      〜茹で上がり〜

     画像 137.jpg
posted by ニクQ at 11:28| Comment(0) | ウィンナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。