2011年01月29日

『家庭でできる水餃子』教室


料理教室1.bmp



誠に恐縮ながら、



『中国家庭料理愛好家』という肩書きの元、



パナホーム兵庫 三木展示場 
あめにてぃ倶楽部・三木 におきまして、



私、

『家庭でできる水餃子』ということで

  講師を務めさせていただきました。



今までに何度か、
お料理サークル等で
水餃子の講師させていただいたことはありましたが、
 

センセイと呼ばれることには、未だに慣れません。


先生だなんて呼ばれると、

 なんだか恥ずかしいどころか、

  「さて、先生はどちらでしょう?」

 なんてキョロキョロするほど自覚なし。





今回の教室の話を持ってきてくれたのは、


お友達Fさん。


彼女が『NPO法人 中国文化と茶を楽しむ会』の
運営に携わっている関係で、



定期的に中国茶のお茶会や、
中国の音楽や舞踊を楽しむイベントを開催しています。
水餃子作りもその一環ということです。



さてさて、
 

今回の水餃子教室の定員は6名。

会場はパナホームの展示場です。

家庭のキッチンを使った料理教室となります。

あー、写真を撮っておいたらよかったですね〜。

写真を撮る暇がなかったんですよ。

※今回の写真はすべて展示場の担当者さんが
撮影をしてくださいました。
Fさん、ありがとうございます。


それは素敵なお家でしたよ〜。

 
広々とした玄関ホールを抜けたら、
ちっちゃな図書館があるんですよ!家の中に!!
読書室.JPG
『読書室』らしいです。素敵ですね〜!!




リビングを抜けて・・・

リビング.JPG


ダイニングキッチンへ・・

ダイニング.JPG


 広いっ!!!



床暖のぬくもりって素晴らしい・・・。
こんなに広いのに、外は雪が降っているのに、
足元が全然冷たくないどころか、体が温まってくる!!


しかも、

聞いた話によると、

この展示場にある絵画など以外は全部、
この家の購入者にそっくりそのまま差し上げるそうです。

テレビも冷蔵庫も家具もみーんな。

なんだかもう、自分が買うわけじゃないのに、
Fさんと鼻血を噴出しそうなほど興奮しておりました。

詳細を知りたい方は、
パナホームさんに聞いてみてくださいね〜。
http://www.ph-hyogo.com/08exhibition/miki.html


さらに驚いたことに、
家電製品、食器、調理道具に至るまで
日常生活に最低限必要な道具が揃っているだけではなく、
自由に使ってよいとのこと。

Fさんも私も材料だけではなく、
一応の料理道具持参していたのですが、

なんとですね、
肝心な餃子をゆでる鍋を忘れてきてたんですね。

もし、展示場に鍋が無かったらどうしてたんでしょう??

きっと、近くのホームセンターに行って、
鍋を一つ買って要らん出費をしたことでしょう。

この日、講座のスタートは10:30

Fさんと私は9:30に会場に入れていただき、
この日作る餃子180個分の下準備を先にしておりました。

この日のメインは、

市販の皮では味わえない
手作り水餃子の皮のおいしさを楽しんでいただくこと。


北京で水餃子の作り方を教えてもらったときのこと、
北京で食べたお店の水餃子のことをお話ししながら・・・

料理教室2.jpg


みなさんで皮を作っていきました。

どなたもベテラン主婦の方ばかり。
さすがにお料理の勘がすばらしい。

私がテキトーな説明をしても、
回数を重ねるごとにお上手になるし、応用が利く。

料理教室3.jpgひだなしもひだありも両方挑戦しました。

料理教室4.bmpIHクッキングヒーターには馴染みが無かったので、吹きこぼしたときには慌てました。。。でも、さっと一拭きできるのは魅力ですね。

料理教室5.jpg

そして、Fさんのアシスタントが素晴らしい。

彼女が裏で進行を支えてくれていたお陰で、
この日、水餃子以外にも、

餃子の餡が残ったときの為の餡の利用法として、
水餃子のゆで汁で作った肉団子スープや、

皮が余ったときの為の皮の利用法として、
薄く延ばした皮で餡子を包んで焼いたお菓子も
作っていただくことができました。

この日、

私はタレとして香酢とポン酢2種を持っていきました。

香酢は好き嫌いがはっきりしているので、
まずは香りをかいで頂き、
大丈夫そうなら頂いてもらうことにしました。

みなさん、香酢とポン酢と両方をお試しになりましたが、
香酢の方が好評でした。

ただ、私が持っていったのは大瓶。

皆さんの話だと、

「大瓶だと、多分、いつまで経っても減らないだろう。

 小瓶があれば・・・」


とのこと。


 
 通販で見つけましたよ!!




水餃子のほかに鎮江香酢を使ったレシピもあります。

鎮江香酢は豚肉や卵とも相性が良いのです!

後日、鎮江香酢を使った料理を予定しておきます!


この時の様子は、
パナホーム兵庫・あめにてぃ倶楽部・三木展示場の
素敵なお姉さまがHP中の『あめにてぃダイヤリー』にて
ご紹介してくださっています↓
http://www.ph-hyogo.com/amenitydiary/diary.cgi?no=135

食事の後は、
Fさんが中国の工芸茶・花茶をご馳走してくださいました。


写真が無いのが残念・・・。


お茶を頂きながら、Fさんから中国茶の話を聞いたり、
漢方薬の話をしたりしながら、
本当に楽しい時間をすごさせて頂きました。


お土産分も考え、
多めの分量を用意しておりました。


ですので、皆さん用意いただくものには
「お持ち帰り用タッパー」と告知されておりました。


一度作ってみれば、

本当に簡単だということに驚かれます。

ぜひ、ご家族やお友達、

大人数でワイワイガヤガヤと

水餃子作りに挑戦してみてください!

水餃子レシピ←クリックでジャンプします。

今後・・・

三木、明石、加古川のパナホーム・あめにてぃ倶楽部にて
水餃子のほか、大根餅、もち米団子、中華ちまき等の
簡単に家庭で作れる中国の料理の講座を5月以降に予定しています。

調理実習室には無い温かみのある空間で、
未知でも意外とお手軽な料理を体験されてはいかがでしょうか?

食品ストック棚にも本物の食品を並べて
使い勝手を提案されているきめ細やかさに感動しますよ。

そして、新しい設備の整った家は、
探検心をくすぐってくれること間違いなしです!

posted by ニクQ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子類/包みもの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。