2011年07月24日

カオヤーピン(烤鴨餅)


レモンビールってなんだ?


IMG_0560.JPG

IMG_0558.JPG


カオヤーピン(烤鴨餅)とは、

北京ダックを食べるときに出てくる、

北京ダックを包むクレープのような皮のことです。


別にね、


包むものは北京ダックじゃなくたっていいんです。


きっと他のものを巻いてもまずいわけがない!


ん、でも、


この皮のことは「カオヤーピン」って言う言い方しか知らんし・・・


ということで、


北京で買って帰ったお料理本を見てみると


「荷叶餅」(フーユエビン)というタイトルで紹介されています。


今回はこのお料理本をお手本に作ったものをご紹介します。



◎材料◎

<皮>

・強力粉 125g    
・薄力粉 125g    
・水   150cc 
・サラダ油 適量

<包むもの>

・鶏の照り焼き 1枚 ※細くスライスしておく
・豚耳スライス(鶏があれば要らない) 1/2枚分
・キュウリ 1本※千切りしておく
・もやし 1/2袋※下茹でしておく
・甜麺醤 


◎作り方◎


1.大きめのボウルに粉を入れて水を加え、全体を混ぜ、
  表面が滑らかになるまでこねる。 
  
2.丸くまとめ、濡れ布巾をかぶせて30分ほど寝かせる。

3.打ち粉をしながら生地を棒状に伸ばして3等分にして、
  両手で転がしながら約30cmの棒状にする。

4.10等分に切り分けて、打ち粉をしながら団子状に丸めておく。

5. 団子2個分をそれぞれ手のひらで軽く潰し、
   1個の表面にサラダ油を軽く塗って、その上にもう一個団子を重ねる。

6.重ねたまま綿棒で直径10〜13cm程度、厚さそれぞれ2mmくらいに伸ばす。

 
7.ホットプレートかプライパンに油を熱し、
  軽く油をひいた後、2枚重ねたまま両面を焼く。

 IMG_0553.JPG


8.2枚重なった皮を剥がしていく。

 
IMG_0554.JPG

油を間に挟んでいるので、割と簡単に剥がれます。



9.皮の内側に甜麺醤を塗って、

 中央にお好みの具材を載せ手巻き寿司のように包んで出来上がり。

 IMG_0560.JPG
posted by ニクQ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子類/包みもの料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。