2013年08月24日

威張って渡せる山陰(但し、鳥取西部・島根東部)のお土産!!



「逆回転いってみよー!!」のアキちゃん、可愛すぎます!!


本日、お料理のレシピのご紹介はありませんが、
ふと食べたくなる故郷の旨いもの・・・

県民のソウルフードみたいなもんでしょうか、
そのお話。

私の出身地は鳥取県境港市。

境港といえば新鮮な魚とゲゲゲの鬼太郎なんですが、
市民のソウルフードともいうべき郷土料理は、
海鮮市場にも水木茂ロードの土産物屋にもないんですね。
ま、そんなもんでしょう。

だいたいね、
土産物屋さんで売ってるクッキーなんて、
焼き付けてある名前が違うだけで、
日本全国どこの土産物屋でも売ってあるもんですからね。
いわば、その土地に行ってきましたよ
ってことを証明するだけのものです。

そんなのね、
実家からの帰省土産だと、
洋菓子については舌の肥えとる神戸の家族や友達に配れませんよ。
いや、決してまずいもんじゃないんですけどね。
だからといって、取り立てて旨いともいえない、そんなところ。

なので、
私が神戸の家族や友達、
そして自分のために買って帰るお土産は、
実家の近くのスーパーで買っています。

※ここでご紹介するのは、
山陰の中でも鳥取県西部・島根県東部とお考えください。
なので、私が言う地元のスーパーというのは、
境港・米子・松江周辺のものということになります。


例えば、

うちの姑には毎回『大山バター』


写真のは業務用ですが、
お土産で買っているのは200gの家庭用。
地元のスーパーで¥398で買えます。
でも、蒜山のサービスエリアだと¥680だったかな。
姑の話だと、
時たま、神戸の大丸須磨でも見かけるけど、
やっぱりものすごく高いらしい。
でもね、
舌触りがとっても滑らかでクリーミー。
丁寧に時間をかけて作られた可愛い子という感じです。
姑はこのお土産を一番よろこんでくれてます。



わが家用のお土産。
間違いありません!!
一度飲めばはまります。
工場見学にも行きました。
大山の香取村でももちろん買えますが、
去年、境港のでっかいショッピングセンターでも見かけました。


お土産に渡したばっかりに
その方がリピーターとなり、
毎回お遣いを頼まれるという食品があります。
それが・・
株式会社 北國 の しょうゆ『美保の花』
http://hokkoku-soy.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=4&
このお醤油、お刺身との相性日本一なんですが、
卵かけごはんにもなかなか。


私がお世話になってるバイト先へのお土産は、
職場のお姉さま方の年齢と好みにぴたっとくるもの!
それが、あるんですね〜。
これも地元のスーパーで売ってますが、
嬉しいですね、通販でも買えるだなんて便利ですね。


実は、私、羊羹が苦手でした。
ざらっとした食感、
まとわりつくような甘さがダメだったんです。
でも、この清水羊羹は革命的でした。
なめらかな食感、
さっぱりとした甘さ。
でも、なんだろな、コクがある甘さ。
職場のお姉さまたちにも好評です。
そして、これも地元のスーパーで買うことができます。
ただ、私がいつも買うのは黒田千年堂さんのです。
今までそちらしか食べたことがないので。。。

そしてそして、
鳥取県民なら、
おそらく知らん人はおらんだろう
まさにソウルフード!
『山本おたふく堂 ふろしきまんじゅう』
http://otafukudo.com/

これね、お菓子のくせに鮮度が命!
といっても過言ではないほど、
出来立てがおいしい和菓子なのです。
黒糖の薄皮饅頭なのですが、
日本全国似たようなお饅頭は数あるわけですが、
ふろしき饅頭の旨さには日本中の薄皮饅頭がひれ伏しますよ。

とかく大山を隔てて
文化も言葉も西と東で違いのある鳥取県民なのですが、
このふろしき饅頭はどちらにも浸透しているように思います。

思うに、鳥取県民にむかって
ふろしきまんじゅうをけなすことは、
その鳥取県民を怒らせるだけに十分な侮辱となりますよ、きっと、多分。
なので、
鳥取県民を目の前にして、
ふろしきまんじゅうを頂いた場合、
もし、お口に合わないときは、
涼しい顔でお茶を飲んで「ごちそうさま」とだけ言ってやってください。

ふろしきまんじゅうは、
山陰の主要駅、空港、八橋のやまもとおたふく堂本店で買うことができます。



posted by ニクQ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。