2012年09月11日

『オイルサーディン』レシピ



★格安航空券★知らなきゃ損!ヤフオクなら超安い!


2012.09.11 014.jpg


8cm〜13cmくらいのイワシが129匹!

ドドーッとお腹を空かせて回遊してきたイワシは、

餌(アミエビ)なしで面白いほど釣れました( ´∀`)



でもね、


釣ったはいいが・・・



全部、甘辛く炊いたんじゃ


こんだけも食べるのはしんどいので、


割りと保存の効く『オイルサーディン』にすればどうか?と。


ということで、

早速、色々なレシピを参考に

「うちの味」を探しながら作ってみました。


<材料>

・新鮮なイワシ 60匹
 今回使ったのは13cmまでのウルメイワシ

・塩 80g

・水 700〜800cc

・月桂樹の葉 2〜3枚
・粒胡椒 20粒くらい
・潰したニンニク 3カケ
・鷹の爪 1本
※香辛料はお好みで。

・オリーブオイル
・サラダオイル
※オイルは鍋に敷いたイワシが浸かる程度の量が要ります。
※オリーブオイル好きなら全オリーブオイルでOK。
サラダオイルが多めになるとあっさり目になるそうです。
うちでは、オリーブオイル8:サラダ油2 で作りました。


<作り方>

1.イワシの頭を落として、腹を空けて内臓を取り除いてよく洗う。
 上の分量で作った塩水に浸し2時間ほど冷蔵庫で漬けておく。
 2時間後、イワシの水気をよく切って、キッチンペーパー等で
 しっかり水分を取っておく。

 2012.09.11 011.jpg


2. 鍋にイワシをお行儀よく並べていく。
  この時、鍋によってはイワシを2段3段と重ねる必要があります。
  敷き詰めたイワシの上に香辛料を乗せて、
  オリーブオイル、サラダ油をイワシ全体が浸るまで入れていきます。

2012.09.11 012.jpg

3.火は極弱火でコトコトと、根気強く1時間、鍋に張り込み開始!
 ブクプクっと小さな気泡が何箇所からかでてきます。
 大体1時間後、まず1匹取り出して試食しましょう。
 背骨がゴリゴリと口の中で残るようならもう少し、
 うん、これでも大丈夫!な食感なら火を止めましょう。

2012.09.11 014.jpg

保存容器に入れて、
大体1週間のうちに食べきればよいらしいですが、
どうも、そんなに長く残らなさそうです。

パスタやサンドウィッチ、サラダにもつかえますが、
炊きたてのごはんに乗せて食べるのもいいですよ。
これからお米が美味しい季節ですからね〜( ´∀`)



posted by ニクQ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。