2012年03月25日

ばぁばのふりかけ




激安の訳あり『たらこ』はママ友で共同購入すればお得!


2012.02.10 010.jpg


『ばぁばの料理教室』第1回目メニューです。

じゃこと鰹節で作るふりかけ・・・ですが、

市販の佃煮のようなふりかけのような・・・




こういうものに近いと思います。


市販のものは火を使わずただ混ぜるだけですが、


ばぁばのふりかけはしっかり火を使います。


それが面倒だなという方は市販のものを購入下さい。


しかし、火を通したばぁばふりかけは、


手間をかけることで更に美味しくなる魔法がかかります。


ではでは、


材料からご紹介します。


<材料>

・花かつお 50g※もっと多くても良いかも。

・ちりめんじゃこ  100g
 ※どの大きさでもOK

・塩昆布 50g

・煎りゴマ 50g

(タレ)
・みりん 60cc

・酢 60cc

・しょうゆ 25cc

・砂糖 50g

※みりん・酢・砂糖の代わりに市販のすし酢120ccでもOKです。

※分量は大体の目安です。お好みに応じて変えて下さい。

2012.02.10 004.jpg
ばぁば先生手書きレシピ


<作り方>

1.じゃこをフライパンで焦がさないように、
 パリパリになるまで炒る。油不要です。
 炒り終わったらフライパンからおろして粗熱をとっておく。
 
2.1.のフライパンで、
 花かつおをフライパンで焦がさないように炒る。油不要。
 鰹節によく火が通ってパリパリになると、
 かなりカサが減ります。
 カサが最初の1/3位まで減ったらOK。
 炒り終わったらフライパンからおろして粗熱をとっておく。

3.ボウルに粗熱をとったじゃことかつおぶしをあわせ、
 塩昆布、煎りゴマ、タレを合わせて混ぜてできあがりです。

2012.02.10 003.jpg
 

今回のじゃこは大きめのものを使いました。

ちっちゃな子が食べるおにぎりの具には厳しいかもしれませんが、

ご飯と一緒に食べれば、

おっそろしいほどご飯がすすみます。

また、

お酢を使っているので、

じわっとほんのり酸味とじゃこと塩昆布の塩気のバランスが抜群。

そして、しっかりと煎った鰹節から香ばしい香りが漂います。



「う〜ん、日本酒飲みたくなってきたぞ!!」


と、試食の時に声があがりました。


昼はごはんのお供に、

夜は酒の肴にピッタリです。


このばぁばふりかけは保存のきくものだと思います。


しかし、保存の必要がないほどの


うちの食卓では好調な売れ行きでした。

posted by ニクQ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ばぁばレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260000317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。