2011年07月22日

食べられる雑草 ヒョウ(スベリヒユ)


キッザニア招待券をゲットしよう!




久々の更新となります。


今年度より、


うちの息子くんが幼稚園へ通い始め、

私、幼稚園の教材園・農園係をすることになりました。


毎週1〜2回、

畑の作物のお世話はもちろん、

時には鍬を持ち畑を耕したり、

トマトやキュウリを収穫したり、

無農薬ならではの割り箸による青虫駆除があったり・・・

そして、毎回雑草抜きは欠かせません。

とにかく、雑草もよく育ちます。


その雑草の中に、

実は食べられる雑草があると、

農作業を私たち農園係にご指導いただいているお師匠さんが

教えて下さいました。


その雑草、

とても馴染みのある雑草でして、

さつまいも畑にワンサワンサと茂っておりました。


これです↓


suberihiyu1.jpg


名前:スベリヒユ あるいは ヒョウ


というそうです。


実際、見たことあるけど名前までは知りませんでした。



畑のお師匠さんは山形出身。


東北地方ではこの「ヒョウ」をよく食べるとのこと。


お師匠曰く


 
 「ささっと茹でて、


  醤油つけて、


  つるつるって食べると、


  んまいんだ〜」



そういえば、


テレビ「秘密のケンミンshow」で


『○○県では雑草を食べている』


なんてのがあったような・・・




 「そっか!


   これだったんだね!!」




 ということで、


 農園係で雑草抜きの傍ら、


 せっせとヒョウをバケツに収穫。





早速、その日の夕食のおかずにします・・・




IMG_0581.JPG
きれいに洗って


IMG_0585.JPG

ささっと茹でると・・・うんと傘が減る。

しかも、茹で汁がピンク色になる。


IMG_0587.JPG
ざるにあげて、ささっと洗って、ぎゅっと絞って・・・

IMG_0589.JPG

適当な大きさに刻んで・・・

・・・要はおひたしと同じ工程です。


刻むと、ツルムラサキほどではありませんが、

それによく似た粘りがあります。


お師匠の言うとおり、

お醤油で頂きました。


冷やしてから食べてもおいしいですね。

喉越しも涼やかで夏にピッタリです。


青臭さや渋み、エグ味は全くなく、

雑草というには申し訳ないような美味しさです。


posted by ニクQ at 13:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の畑にも沢山あります。
今度、休みの日にも取ってきて早速茹でて食べてみます。

ありがとうございました。
Posted by 斉藤 まどか at 2011年08月10日 23:05
斎藤さん

コメント有難うございました。

羨ましいです!

先日夕方、幼稚園の農園の水やりに行きましたが、
夏休み農園ボランティアさん達が雑草抜きを
頑張ってくれたこともあり、ヒョウはもう殆どありませんでした。

農作物の成長を見守りつつ、ヒョウの成長も見守りたいと思います。
Posted by ニクQ at 2011年08月11日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。